サイトURLルールについて

携帯サイトとPCサイトをそれぞれご用意いただいている場合(サイト公開設定で、「携帯サイトをPCサイトとして表示する」にチェックを入れて公開していない場合)で、携帯サイトURLルール・PCサイトURLルールをご利用の方は、以下をご参照下さい。

URLルールを無効にしている状態

携帯サイトの場合、携帯サイト用Googleサイトマップを登録すると携帯用Google検索システムがサイト内をクロールしにやってきます。クロール後は携帯の検索結果にサイトが表示されることになり、アクセスするとサイトへ移動することが出来ます。
ですがPCサイトの場合、PCサイト用Googleサイトマップを登録しているにも関わらず、携帯サイトとPCサイトをそれぞれクロールしにやってきます。そしてクロールされた結果、PCでの検索結果にPCサイトページと携帯サイトページが同時に掲載される可能性が有ります。
PCサイト用のURLであれば、クリックするとPCサイトへ移動しますが、携帯サイト用のURLであれば、クリックするとURLの「?pageNo_00000」という部分の記述が自動的に省かれ、「http://sample.com/index.php」のような、TOPページへ飛ばされてしまいます。そして自動振分が行われ、PCサイトのTOPページが表示されるようになります。

URLルールを適応していない場合

URLルールを有効にしていて、且つ携帯とPCとで同じファイル名がある状態

携帯サイトは、上記URLルールを適応していない場合と何ら変わりは有りません。
PCサイトの場合は、やはり同様にPCサイトと携帯サイトがそれぞれクロールされます。ここでURLルールを有効にした際、PCサイトと携帯サイトに同じファイル名(以下の例では0000.html)をつけていた場合は、Googleクローラーは携帯サイトの情報を登録します。その結果、PCでの検索結果に携帯サイトページが掲載されるという現象が起こります。
同じファイル名(00000.html)をつけられた携帯サイト用ページとPCサイト用ページが同じ内容である場合は、大きな差支えはないかもしれません。ですが同じファイル名で内容が異なる場合、検索結果に表示されたページの概要(携帯サイトのもの)と、アクセスした際に表示されるページ(PCサイトのもの)で異なってしまう場合があります。

URLルールを有効にしていて、且つ携帯とPCとで同じページ名がある状態

URLルールを有効にしていて、且つ携帯とPCとで同じファイル名が存在しない状態

携帯サイトは、上記URLルールを適応していない場合と何ら変わりは有りません。
PCサイトの場合も、同様にPCサイトと携帯サイトがそれぞれクロールされます。ここでURLルールを有効にしていて、さらにPCサイトと携帯サイトに同じファイル名(以下の例では0000.html)が存在していない場合は、Googleクローラーは両サイトの情報を登録します。PCでの検索結果にはURLルール無効時と同様に、PCサイトページと携帯サイトページが掲載されます。
PCでの検索結果で、PCページへアクセスした際は正常にページ内容が表示されますが、携帯サイト用のページにPCからアクセスした場合、携帯ページで使用されているファイル名(00000.html)はPCサイトには存在していないため、ファイルを見つけることができず「Not Found」と表示されてしまいます

URLルールを有効にしていて、且つ携帯とPCとで同じページ名が存在しない状態

△ ページTOPに戻る
× このウィンドウを閉じる